【仮想通貨解説】NEM(ネム)〜コインチェック不正流出事件の影響は?〜

f:id:nskydiving:20180321081624j:plain

こんにちは、スカイ(@nskydiving)です🙂

今回は仮想通貨「NEM(ネム)」 を解説します。


ネムは「New Economy Movement(新しい経済運動)」の頭文字をとって「NEM」と名付けられました。

正確には、「ネム」は仮想通貨の名称ではなく、プロジェクトの名称です。


ネムの通貨単位は「ゼム(XEM)」になります。

「ネム」と「ゼム」って発音が似ていますが、間違わないように気をつけましょう😥


ネムの開発は、シンガポールの企業「NEM.io財団」を中心としたコミュニティによって進められています。


基本情報

名称 NEM(ネム)
公式サイト http://nem.io
時価総額ランキング 14位
シンボル XEM
時価総額 3,041億円
流通枚数 90億枚
最大発行枚数 N/A
合意形成 PoI
ハッシュアルゴリズム N/A

https://www.coin-list.co/coin/2441


特徴

マイニング(採掘)ではなく、ハーベスティング(収穫)

仮想通貨の取引では、その取引が正当であることを承認してもらうために、第三者に手数料を払って承認してもらいます。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨では、この承認の仕組みに「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」という方式を採用していますが、ネムでは「プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)」という方式を採用しています。

「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」では、承認作業のことを「マイニング(採掘)」と呼び、「プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)」では「ハーベスティング(収穫)」と呼んでいます。


ハーベスティングでは、ネムを 10,000 XEM 以上の所有している人の中から、取引数、取引量、取引相手などを考慮して、抽選で承認者が選ばれます。

承認者が承認すると、取引が成立し、手数料が報酬としてもらえます。


「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」には、いくつか問題点があります。

  • 承認作業には高性能な専用コンピュータが必要なため、一部の人が有利になり、公平でない。
  • 膨大な電力を消費する。
  • 取引数が増えると、取引成立に時間が掛かり、手数料も高くなる。

「プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)」では、これらの問題を解決できるため、「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」よりも有利だと考えられています。


プライベート・ブロックチェーン「mijin(ミジン)」

「mijin(ミジン)」は、仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ社が提供している「NEMプロトコル」を採用したプライベート・ブロックチェーン製品です。

金融機関から、電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで、幅広く利用できる汎用型のブロックチェーンとして開発が進められています。



mijin - 全ての人にブロックチェーンの力を


詳しくは公式サイトをご覧ください。

mijin.io


公証サービス「Apostille(アポスティーユ)」

「Apostille(アポスティーユ)」は、ネムの新しいウォレット「Nano wallet」に新機能として実装された、所有権が移転可能な証明書をブロックチェーン上で発行できる公証サービスです。


詳しくはホワイトペーパーをご覧ください。

www.cryptostream.jp


将来性

Catapult(カタパルト)により処理速度が大幅向上

2018 年に大幅アップデート「Catapult(カタパルト)」が予定されています。

これにより、ネムの処理速度が大幅に向上します。

名称 処理件数(毎秒)
ビットコイン 14 件
イーサリアム 15 件
ネム(カタパルトなし) 120 件
リップル 1,500 件
VISA 4,000 〜 6,000 件
ネム(カタパルトあり) 4,000 件


詳しくはホワイトペーパーをご覧ください。

mijin.io


コインチェック不正流出事件の影響

2018 年 1 月 26 日に仮想通貨取引所「コインチェック」で、5 億 2 千万ネム(約 580 億円)が不正流出する事件が起きました。

nskydiving.hatenadiary.jp


ネムそのものに問題があったわけではありませんが、「ネム=ハッキング」のイメージが付いてしまったことは否めません😔

仮想通貨は機能性だけでなく、ブランディングも重要ですからね。